Place making 茨城SDGsコンファレンス2020

Place making in 牛久シャトー

top

Contents
プレイスメイキングとは?

 

今までの場所に、新しい価値を

それが、プレイスメイキングの目指すものです。
これまでの公共空間は、トップダウン型のプロセスであり、「こう使うべき」という価値観を押し付けられる形でした。

 

しかし、これからの時代に必要な公共空間の新しい価値は、地域の人々からのボトムアップで作り出していくことが重要です。

 

こういった価値観に基づき、海外を中心に「プレイスメイキング」という考え方が提唱され、日本でも広まりを見せています。

 

 

居心地よい場所を生み出すプロセス

 

プレイスメイキングの考え方は、空間を日常的に利用する住民や地域が共同してプレイスを生み出し、居心地の良い場所、愛着=新しい価値を生み出すプロセスです。

 

単なる空間としての「スペース」ではなく、その空間が人々の活動の舞台となる「居場所」へ。

 

プレイスメイキングの考え方を取り入れて、居心地の良い場所、愛着=新しい価値の創出を目指します。

 

 

牛久シャトーがプレイスメイキングのさきがけに!

 

当日は、牛久シャトーでプレイスメイキングの疑似体験ができるような設営を行い、来場のお客様に実際に体感していただけるようにいたします。

 

また、日本のプレイスメイキング第一人者でもある筑波大学・渡和由准教授をお招きし、プレイスメイキングの価値観を知ることができる1日にしたいと考えています。

 

最終的には、牛久シャトーが市民の憩いの場となるように、プレイスメイキングの実現を目指して参ります!

 

Contact

    お名前
    メールアドレス
    コメント
    Facebook